スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お元気ですか?

朝と夜に弾丸の補給する者です

お仕事中スクーターでズッコケて、そのときは平気だったし普通に歩いてたんですけど

翌朝立ち上がろうとすると右ひざに違和感が・・・・・・

(´・ω・`)「あれ?何か痛い・・・・」

再度立ち上がろうとしてみると

( ゚д゚ )「ぃ・・・・・痛い・・・・・・」

ひざ曲がらないし力入れると痛いし・・・・・どうしろと?w

寝ているのがベッドじゃなく地べたに敷いた布団なので

どう頑張っても起き上がれない・・・・・・ww

10分ほど汗をかきまくりながら格闘の末やっと立ち上がったのですが

(; ・`д・´)「流石にこれは・・・・・」

はい。病院に行ってきました

足引きずりながら受付に行くと爽やかなお兄さんが・・・・・

お兄さん「どうなさいましたか?」

(´・ω・`)「あの・・・・・・」

お兄さん「?」

(´・ω・`)「・・・・仕事中に転びまして」

お兄さん「あ、だと労災の方へ請求して頂かないといけなくなります」

(´・ω・`)「・・・・そうですか」

お兄さん「会社の方に聞いてみて下さい」

(´・ω・`)「・・・・・あの」

お兄さん「はぃ?」

(´・ω・`)「・・・・なんでもないです」

お兄さん「・・・・? では診察室の前でお持ち下さい」

(´・ω・`)「・・・・はい」



お兄さん・・・・・・・チャック全開です



診察室の前で待っているとさっきのお兄さんが患者さん達に笑顔を見せながら爽やかにチャック全開で駆け抜けていく・・・・・・

そして戻って来た時も一寸の躊躇いも無いほどの全開っぷり

(´・ω・`)「誰か教えてあげないのかな?」

高校の時お弁当食べてる友達に

(´・ω・`)「チャック開いてるよ?」

って言ったら

友達「!?  いつから・・・・」

(´・ω・`)「ってことは・・・・朝から?」

友達「俺朝電車乗ってきて座ってる女子高生の前に普通に立ってたんだけど・・・・」

(´・ω・`)「丸見えですね」

友達「・・・・・俺もう帰る」

とか言って相当凹んでたのを思い出しました

あのお兄さんも後々そんな思いをするんだろうな

とか思ってたら看護婦さんに呼ばれ診察室へ

医者「ひざ曲げれる?」

(´・ω・`)「無理です」

医者「コレ痛い?」

ぐいっ!とひざを曲げるお医者様

( ゚д゚ )「イタイデス・・・・」

医者「だよね」

何の確認ですか今のww

医者「レントゲン撮ってみようか」

でレントゲン室へ

医者「ズボンに金具付いてるから脱いで下さい」

(´・ω・`)「ぇ?」

あの・・・・・ひざ曲がらないから脱げないんですがww

2分くらいかけてズボンをパージしたのですが

医者「はい。レントゲン撮るからひざちょっと曲げて」

(´・ω・`)「ぇ?」

容赦無くグイッっと曲げるお医者様

あの・・・・・だから曲がらないって言ってててててててててて

医者「はい。そのまま動かないでね」

(´・ω・`)「・・・・・動けません」

医者「よし」

いや『よし』ってあなた・・・

医者「はい。じゃあ擦り傷も治療しちゃうからまた診察室に来て下さい」

のろのろと起き上がりのろのろとズボンをはいて診察室へ

医者「絆創膏取るね」

べりっ!!

(;^ω^)携帯くらいある大きな絆創膏なのに何の躊躇いも無く一気に・・・・・

医者「消毒しまぁ~す」

手にしたのはイゾジンたっぷりの綿棒

(´・ω・`)ちょんちょんってするのかな?

医者「グリグリグリグリグリグリグリぃ~~」

:(;゙゚'ω゚'):えええええええええええええええええ

無表情で耐えていると

医者「あれ?痛くなかったの?強いねぇ」

(;^ω^)ドSかこんちくしょう



その後レントゲン写真を見て

医者「ん~~~・・・・・骨は大丈夫だし。靭帯も切っては無いみたい」



結果右ひざ後十字靭帯の損傷でした



医者「ひざがぐらつくとかふらふらする様だったらまた来てね」

で何故か擦り傷用の薬だけ出されました

もうなんていうか病院って怖いですよねw

出来ればもう行きたくないですww



お会計の時も受付の爽やかなお兄さんのチャックは全開でした
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。